意外と知らない葬儀のマナー

意外と知らない葬儀のマナー 子どもの頃、祖父母や親戚の葬儀に何もわからないまま連れていかれた経験がある方は多いのではないでしょうか。子どもであるため葬儀のマナーなどは何も知らなくても困ることはなかったでしょう。しかし、成人後は1人の社会人として会葬することになるため、マナー違反をすると自分が恥をかくことになります。例えば、葬儀に列席することは弔問や参列とは言わずに会葬というのが正しいということについても知らない人が多いのではないでしょうか。葬儀には独特のマナーや作法がありますが、日頃経験する機会が少ないため、わからないことも多いはずです。

訃報は突然訪れるもので、仕事帰りに通夜に訪れることも珍しくありません。通夜は弔問という言い方をしますが、訃報を聞いて「取る物も取り敢えず」平服で訪れるのが一般的です。最近では通夜でも喪服に着替えることの方が多くなりましたが、平服でも問題はありません。ただ一般的な常識として、遺族の気持ちを考えて派手な物は身につけないよう配慮することは必要です。特に女性の場合は服の柄や色に気を付けるとともに光るアクセサリーなどは外すようにしましょう。最近では派手なネイルも流行っていますが、落としていくのが礼儀です。男性であればネクタイやシャツの色が派手でなければビジネススーツのままでも問題ありません。男女ともに見落としがちになるのが靴下やストッキングの色です。座礼焼香の場合は特に目立つので注意が必要です。

葬儀の会葬者となる場合は、正式な喪服を身に付けます。男性はスーツなのでそれほど気にすることはありませんが、女性は和装、洋装に合わせたバッグなどの小物にも気を配る必要があります。仕事などで個人的な深いつきあいがない場合には、読経が始まる前に個人的にお悔やみを言うこともあります。喪主をはじめとする家族の気持ちを汲み取って、礼儀にのっとった振る舞いを心がけることが大切です。使ってはいけない言葉などもあるので気をつけましょう。

会葬者として知っておかなければならないマナーには、服装や持ち物の他、焼香の作法があります。宗教や宗派によって異なるもので、最近では儀式が始まる前に葬祭業者から説明がなされることも多くなっていますが、できれば常識として知っておいた方が安心です。数珠の持ち方や合掌の仕方などにも正式な作法、マナーがあることも理解しておきましょう。突然全く知らない宗教や宗派の葬儀に会葬することになっても困らないように、宗派の違いによる葬儀のマナーについて説明します。

最新ニュース