日蓮宗の葬儀のマナー

日蓮宗の葬儀は日蓮宗の経典となる法華経の教えに従って行われるものです。お題目と呼ばれる「南無妙法蓮華経」には法華経の功徳が込められているとされており、修行でも重要な意味をなすものとなります。日蓮宗では、お題目を唱えることによって霊山浄土で釈迦牟尼仏に会うことができ、その後成仏することができると信じられています。葬儀の読経でも何度となくお題目が唱えられ、故人が無事に霊山浄土にたどり着くことができるようにという願いが込められています。

日蓮宗の葬儀では、僧侶が読経を開始した後に、参列者全員で読経、唱題を行います。何度も南無妙法蓮華経と唱える途中では、「開棺」「引導」という日蓮宗ならではの儀式が行われます。開棺では、僧侶が御棺の蓋を叩きながらお経を読み、供物を祭壇に捧げます。引導は故人と仏様を引き合わせる儀式です。

日蓮宗の焼香は唱題を行いながら同時進行するものです。焼香は、合掌、一礼の後に一般的な焼香の作法で行いますが、正式な作法では3回行うこととされています。日蓮宗の葬儀の不祝儀袋には、他宗教の信仰者や無宗教者であれば御霊前、御香料などと表記すると問題はありません。日蓮宗では四十九日を境に成仏すると考えられているため、四十九日以降の表記は御仏前などに変化します。