プロテスタントの葬儀のマナー

宗教は違ってもアジアを発祥とするものであれば共通点も多いので、あまり困ることはないでしょう。しかし、故人がキリスト教やイスラム教など日本人にあまりなじみのない宗教を信仰していた場合には、文化の全くことなる様式で葬儀に参列することになります。日本人にも歴史的に関わりが深いキリスト教の葬儀について考えてみましょう。

キリスト教には大きく分けてカトリックとプロテスタントの2種類があります。簡単にいうと、カトリックが伝統を尊重し強い一本集権を主張するのに対し、プロテスタントは聖書主義で教派ごとにさまざまな違いがあります。カトリックでは神父、聖歌というのに対しプロテスタントでは、牧師、賛美歌と表現します。

プロテスタントの葬儀は、臨終前から始まります。亡くなる前に牧師が駆けつけて、病人にキリストの肉と血液を意味するパンとワインを与え、家族とともに祈りを捧げながら臨終を迎えます。家族の手で棺に遺体を納め、白い布、花で飾った後に棺の蓋をして黒い布で包むのが一般的です。葬儀告別式は、聖書の朗読や讃美歌の斉唱、牧師の説教という流れで進み、献花の後に出棺となります。キリスト教信者でない参列者が読経に変えて聖書を読むことはなく、賛美歌を歌えなくても問題はありません。