葬儀で香典を渡す際のマナー

特別な場合を除いて、葬儀に足を運ぶ際には、宗教によって呼び方は違っても香典のようなお金を包むのが礼儀となっています。自分にとってあまりなじみのない宗教や宗派の葬儀に参列する場合は、不祝儀袋の表書きをどのように書けばいいか迷うこともあるでしょう。仏式では御香典や御香料、神式では御神前、御玉串料などと書くのが一般的です。キリスト教では御花料、御ミサ料などと書きます。よくわからない時は御霊前と書くのが無難です。

正式な不祝儀袋では水引の色や種類、結び方などに決まりがありますが、最近ではあらかじめ印刷されたものがあるのでそれを使っても問題ありません。ただ、絵柄として蓮の花などが描かれているものは仏式を対象としているため、他の宗教では使用しないようにしましょう。

慶弔時のお金は封筒のままで直接手渡しするのではなく、ふくさに包んで持参するのが正式なマナーです。同じふくさであっても慶事と弔事では包み方が異なるので間違えないようにすることが大切です。葬儀で渡す場合は、あらかじめ不幸を予測していたと思われないために新札を避けるのが作法となっています。新札しか準備できない場合は、折り目をつければ使用できます。葬儀の会場についたら故人や家族に挨拶をする前に受付で納めるようにします。