浄土宗の葬儀のマナー

阿弥陀如来を本尊とする浄土宗は、比較的葬儀でも経験することが多いものの一つです。読経では「浄土三部経」が用いられ「南無阿弥陀仏」と唱えることで広く知られています。この言葉を唱えることによって阿弥陀仏に救済され、極楽浄土で往生できると信じられています。人の力で救済されるということから「他力本願」という言葉が生まれたことでも有名です。

浄土宗の葬儀の一番の特徴は、参列者一同が念仏を唱える「念仏一会」があることです。故人が極楽浄土に無事旅立つことを願って「南無阿弥陀仏」を10回以上唱えるのが一般的となっています。浄土宗の通夜では、北枕となるように故人を寝かせ顔を白い布で覆います。北枕は縁起が悪いというのは、死者が寝る方向であることによります。正式には胸元に守り刀を置きますが省略されることも多いようです。枕元にろうそくと線香、飯を供えろうそくや線香は通夜の間絶えることのないようにしなければなりません。

葬儀で行う焼香の回数は厳密には決まりはなく、地域や宗派によって異なることもあります。一般的には3回とされており、抹香をつかんだ指を仰向けにしもう一方の手を下から添えて額の高さまであげて、香炉に落とし焚きするのが基本的なマナーとなっています。